メガネ・サングラスなら当店にお任せ!

和真 藤沢店ブログ

店舗の詳細へ

お子様のメガネといえば TOMATO GLASSES !!

2020年05月18日 08:46

こんにちは!店長です。

今回、ご紹介するのはお子様用フレームの TOMATO GLASSES(トマトグラッシーズ)!

哺乳瓶と同じ軽くて安心な素材。  お子様の小さな頭にもしなやかにフィットするデザインで、細かなサイズ調整に対応。  トマトグラッシーズは、お子様の元気でイキイキとした成長を願って開発した子供専用メガネです。

活発なお子様に、安心して御使用頂けるように開発したメガネブランド!BABY~JUNIORまで幅広いサイズ展開となっており、フレームカラーも豊富でクリアタイプも沢山あります。 では、安心の機能のご紹介!

 

 

テンプルの長さ調整がとても簡単に出来ます。

写真のフレームで奥のテンプルに御注目!内側に小さい穴がいくつも空いています。

耳の後ろの掛かりを確認し、モダンと一緒にネジで固定出来ます。

お子様の成長に合わせて、長さを変える事が出来ます。

 

 

 

 

 

鼻あての高さ調整が可能!

左右共に縦に3個づつ穴が空いており、目の位置に合わせて高さを確認し先程と同様に

ネジで固定出来ます。

 

 

こんなに沢山の機能を御自宅で簡単に出来るようにスペアのモダンやノーズパッド、専用のドライバーとネジがセットとなっております。また、安全にご使用頂けるように専用のメガネバンドも付いてます。

お子様のメガネでお困りの方や初めての方、是非一度、TOMATO GLASSESをお試し下さいませ。

 

 

 

 

 

カテゴリ: お子様メガネ

ストリートサングラスの王道

2020年05月17日 08:39

 

こんにちは!店長です。

藤沢店は湘南らしくストリート系のオークリーも充実しております!

ストリート系オークリーと言えばやっぱりこれでしょう!

「フロッグスキン」

 

1975年、米カリフォルニアで創業したOAKLEY(オークリー)は、元々はモトクロスバイクに装着するゴム製グリップを作るメーカーでした。モトクロスは屋外に作られたダートコースをバイクで疾走する過酷な競技です。水、土、泥が付くのは当たり前。それらに起因するグリップの“滑り”は命の危険に繋がります。オークリーの創業者であるジム・ジャナード氏は、ライダーたちの安全を守るべく、雨が降っても滑らないゴムを開発し、自社製のカスタムグリップに使用して一躍モトクロス・シーンに旋風を巻き起こしました。

その後、オークリーは新素材開発の技術を応用し、1984年にスポーツの世界に進出しますその翌年となる1985年に誕生したのが、30年以上にわたって人気を集めているマスターピース「フロッグスキン」です。

 

 

フロッグスキンは充実した機能性とカジュアルなデザインが評価され、ストリート系アスリートの間で大ブレイク!

フロッグスキンは、普段使いできるデザインながら、スポーツアイウェアの開発で培った技術が使われていて、フレームには『オーマター』というオークリーが独自開発した素材を使っています。この素材は、耐久性が高く、柔軟性に優れ、寒暖差に強いので非常に折れにくい完成度の高いサングラスです。

懐かしく感じた方もいらっしゃると思います。

藤沢店は フロッグスキンも充実しております!

是非、ご来店下さい!!

カテゴリ: オークリー

大切なお子様の眼をスポーツ時の怪我から守る

2020年05月16日 08:12

 

お子様の運動不足...心配ですね。

こんにちは!店長です。

いつになったら 子供たちが外で元気に遊ぶ姿を見られるのか...。

スポーツに情熱を注いでいたお子様にとっては ストレスが溜まるばかり...。

再開した時は おもいっきりスポーツして欲しいですね。

但し、再開直後はご注意を!

以前よりも少し感覚のズレがあるかもしれません。

その時に怖いのが怪我!!

ずっと我慢して待っていたのに怪我をしてしまったら...。

そこで おススメなのが  OAKLEY です!

スポーツ時の怪我から眼を守るオークリー

アイウェアは眼のプロテクター

紫外線だけではなく、物理的な側面からもスポーツドクターはアイウェアはオークリーの着用をお薦めしています。 あるプロ野球選手で取り損ねたボールが顔面を直撃した例があります。 外野フライなので相当な衝撃があったと思いますが本人の眼は一切傷つくことはありませんでした。

オークリーのサングラス素材は、航空機や機動隊の盾にも使われるポリカーボネイト。 もしも、普通のサングラスだったら、守れなかったかもしれない...。オークリーはいわば眼のプロテクターなんですね。

表面上の怪我は治っても、眼の奥でダメージは残る

テニスボール位のやわらかさでも、眼は大きなダメージを受けます。そして痕や腫れも残ります。網膜の後ろが元の状態に戻らないケースだってあります。ボールの硬さや大きさに関わらず、眼はガードしたほうが良さそうですね。

オークリーのレンズは、アメリカ規格協会が提唱するアイウェア工業規格  ANSI  Z87.1の過酷な条件下でのテストを経て、高速・高圧の衝撃に対する保護を実現。妥協を許さないテストレベルが、耐久性に優れ、光学的に純粋なレンズ材質を生み出しています。

オークリーサングラスの展示数は湘南最大級ですので是非ご覧下さいませ。

カテゴリ: オークリー

メガネ・サングラス 最新情報発信中!

  • 似合うメガネの選び方
  • メガネの基礎知識
  • 子供